インプラントとアレルギー

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。
インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。

ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはまあまあの開きが出ますし、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。歯を抜い立ところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられる理由ではないということです。
これは重要な事実です。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断されるかも知れません。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行なえなくなる点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。インプラント全体も、ガムを噛向くらいでは何ともないくらい強度を備えています。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。